プロテスタント・キリスト教信仰に根ざし、教会の無牧化をくい止めるための活動を行う非営利団体

教会の無牧化は今や日本宣教における大きな課題となっています。
私たち無牧ミニストリーズはプロテスタント・キリスト教信仰に根ざし、教会の無牧化をくい止めるために活動を始めた非営利団体です。
牧師が見つからないことでお悩みですか?
ぜひ一度気軽にご相談ください。

無牧化の現状

牧師のいない教会、いわゆる無牧教会が増えています。
2014年度のデータによると全国のプロテスタント教会約7,900のうち、無牧の教会は300あると言われています。
2009年の調査では278教会だったので、増加していることが 分かります。
この数には、「専任の牧師はいないが他の教会と掛け持ちで牧会している兼務や代務の牧師がいる」、または「複数牧会をしている」というケースなどは含ま れていません。 もしそれらを含めると、その数は約1,000教会にのぼり、比率にして全体の13%にあたります。 13%とは驚くべき数字です。全国で1000の教会が専任の牧師を持たず、その内300の教会が全く牧師を持たないというのは危機的な状況と言えるでしょう。
第5回日本伝道会議(2009年)の「地方伝道」プロジェクトにおいて提出 されたアピール「全教会の課題としての地方伝道」は、日本の教会全体が問わ れている課題の一つに、以下のことをあげています。

「牧師不足の中、無牧教会の増加や教会閉鎖の危機が顕著となっている。」

私たちの取り組み

私たちの目標は、教会の無牧化をくい止めることです。
​主な取り組みとして以下のことが挙げられます。

​1. 働き人を捜している教会と、赴任先を探している働き人をつなげること​​

無牧化が進む原因として高齢化や働き人不足などが挙げられますが、『情報不足』こそがまず改善されなければならない、そして改善可能な問題ではないかと考えます。無牧になった教会は多くの場合自力で牧師を探さなければなりません。しかし情報量が圧倒的に不足しています。それは働き場を探す牧師にも言えます。限られた人脈に頼り、非常に少ない選択肢の中で決定せざるを得ないのです。選択肢すらなく、ただ祈るのみという場合も多くあります。つまり、牧師を探している教会はたくさんあり、教会を探している牧師も相当数いるのに互いの姿が見えていないというのが現状なのです。人と教会の情報を集めてデータベースを作り、今見えていないお互いの姿を見えるようにする、それが私たちの働きです。

​2.  教会の存続を助けること​

過疎化が進む地方での教会形成には経済的な困難が伴い、牧師を招聘するだけの力がない教会も増えていることと思います。そのような教会は閉鎖するしかないのでしょうか。そうは思いません。ぜひご相談ください。一緒に存続の道を考えましょう。

​​3. 説教者派遣​

教会を支える働きの一環として、助けが必要な教会に説教者を派遣いたします。無牧教会出なくても派遣可能ですのでご相談ください。説教者派遣はさしあたって首都圏の教会に限らせていただきます。ご協力いただける先生方も随時募集しております。交通費など補助も考えていますのでご相談ください。

 

教団教派問わずご相談いただけます。ぜひ一度ご連絡ください。

また、働き場を捜している牧師、伝道師、神学校卒業者の方もご相談いただけます。

 


説教者派遣 牧師を探す 教会を探す

お知らせ

5/20 第5回首都圏宣教セミナーに登壇します!

5月20日(月)お茶の水クリスチャンセンターで開催される 第5回首都圏宣教セミナーにコーディネーターの栗﨑が登壇します。 無牧ミニストリーズに関心のある方、是非ご参加ください。 以下のサイトからお申し込みいただけます。 …

第5回首都圏宣教セミナー案内

3/25 東京プレヤーセンター

3月25日(月)12:15より東京プレヤーセンター (お茶の水クリスチャンセンター 4F)にて コーディネーターの栗﨑がメッセージをします。 お近くの方はぜひご参加ください。 また当日の内容は後日youtubeで配信され …

東京プレヤーセンター

ホームページをリニューアルしました。

無牧ミニストリーズのホームページをリニューアルいたしました。 ホームページアドレスも http://muboku.org/ に変更いたしました。 今後、様々な情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © OCC無牧ミニストリーズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.